• カコ

ヘアカラーを繰り返すと白髪が増える?!


ヘアカラーで白髪が増えてしまう

すっかり春らしくなってきましたね。

春の新色リップや、明るい色の洋服が気になるこのごろ。久しぶりにお買い物にでかけようかな😄

さて、今日はちょっとびっくりするお話です。😲

最近ちらほら白髪が目立ってきたので、白髪染めを始めようかと思っているのですが、なんと!その白髪を染めるためのヘアカラーで、白髪が増えてしまうというのです。😲😲😲

白髪染めが原因で、白髪が増えてしまうという衝撃。

その原因は…ヘアカラーの2剤に含まれているという過酸化水素(活性酸素)。

ヘアカラーの後に髪に残った過酸化水素は、黒髪の元であるメラノサイトや、メラニン色素を生成するのに必要な酵素や色素幹細胞を破壊して、頭皮と髪の老化を早めるのです。

そして、カラー剤によって過剰となった活性酸素が、頭皮と髪の細胞を酸化させてダメージを与えます。

酸化すると、ニオイを発生させたり、お肌を頭皮が老化させて、たるみなどを引き起こしたりします。

わたしたちは活性酸素を消去する能力を持っているのですが、加齢と共にその力は弱ってしまいます。

酸化=老化

頭皮と髪の老化を早める

ということで、ヘアカラーの後のケアはとても大切なんです!

白髪染めはやめられない。ではどうしたらいいの?

ヘアカラーの後にアタマに残っている過酸化水素をできるだけ除去してしまえばいいのです。

簡単で安全な方法として、過酸化水素を水と酸素に変えてしまう酵素、カタラーゼを使う方法をご紹介します。

酵素カタラーゼで、過酸化水素を水と酸素に分解して無害化する。2H2O2  → 2H2O + + O2 過酸化水素     水      酸素

  過酸化水素の分解実験映像です。

 ↓

ヘアカラーをしても、過酸化水素を分解してしまえばよいのですね!

ヘアカラーは、長い付き合いになりそうなので、アフターケアを心がけたいと思いました。