花粉やPM2.5は、髪の毛に付着しやすい!

最終更新: 2019年2月1日



やわらかな春の日差しも感じられるこの頃ですが、なんだか空気が霞んでいる日もでてきましたね。



気象庁によると、東京ではすでに2月14日にスギ花粉が観測されたとのこと。花粉症が年々重くなっているわたしは、予防対策を勉強中です。



花粉ガード機能のコートや帽子なども見かけるようになりましたが、今日は毎日手軽にできる対策をご紹介したいと思います。




大量の花粉やPM2.5が、髪や頭皮に付着している!



前回、髪の毛の静電気の予防法をお伝えしましたけれど、静電気が花粉やPM2,5そして黄砂までも付着させてしまうって知っていましたか?



黄砂…車のボンネットを黄土色にしてしまうアレですね。



アレが頭や顔のお肌にくっついていると思うと、ぞっとしませんか?😱



静電気は、花粉やPM2.5などを寄せ付ける性質があります。



そしてこれらの物質は洋服やお肌だけでなく、乾燥によって開いた髪の毛のキューティクルにも付着してしまうのです。



アレルギーの原因になるばかりか、髪も傷めていたのですね。




花粉やPM2.5、そして黄砂などのポリューション(汚染)物質を寄せ付けない環境づくりとは…




保湿とプラスイオンで花粉、PM2.5や黄砂を撃退!


ポリューション物質を手軽に避けるには、以下の2つの方法があります。



1.ポリューション物質を引き寄せない



ポリューション物質を寄せ付ける原因となる静電気が起きないようにする。



➡ 保湿で乾燥を防ぐ。


保湿効果のあるシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメント、美容液、オイル、スプレーなどを使う。



2.頭皮と髪の毛にベールをつくる



花粉の付着をブロックする。


➡ プラスイオン(カチオン)の入った製品を使う。



プラスイオンが、プラスイオンを帯びたポリューション物質は反発し、マイナスイオンを帯びたポリューション物質を吸着してベールの役割を果たします。



カチオンの入ったシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメント、スタイリング剤、美容液、オイル、スプレーなどを使う。




保湿剤とプラスイオン(カチオン)を含んだ製品を選んでダブル使いするとより効果的ですね😘




シャンプーは夜に


外出から帰って家に入るときに、衣服の花粉を払う方でも、髪についた花粉もしっかり払っている方は少ないのではないでしょうか?



シャンプーはその日のうちに髪についた汚れを落とすために、朝ではなく夜がいいですね。



ポリューション物質は頭皮にも付着しやすく、炎症を引き起してしまうこともあるようです。



頭皮に皮脂が多めな場合は、より付着しやすくなっていますので、シャンプーでしっかり洗い落として、頭皮をいい状態に保っておきましょう。



シャンプーをしないで寝ると、髪についているポリューション物質が寝具に付着してしまいます。









特に枕カバーは寝返りを打つと、髪の毛がついていたところに頬っぺたなどがしっかりと乗っかってしまうので、夜中に恐ろしいことが起こっているのです(@_@;)!



せっかくクリームを塗ったお肌に花粉がたっぷりなんてことも…




寝具も清潔に保ちたい!








アンチポリューションの製品を選ぶなどして気を付けましょう!





  • koei-kagaku-instagrum
  • 香栄化学株式会社フェイスブック

香栄化学株式会社 

〒145-0065  東京都大田区東雪谷5-10-5   Tel. 03-3727-3335